室内

  

狭くても眠れる

家屋の面積が狭い日本では室内スペースの有効利用が求められます。多段ベッドやベッド兼ソファーなどはその一つです。特に三段ベッドは、小さな子供をたくさん持つ家庭にとって、有効に部屋のスペースを使えるために人気があります。 価格は数万円程度のものが多いですが、導入する際には注意点があります。一つは設置したい部屋に入る高さです。高さに加え、一番上の段から天井までの高さも確認が必要です。2点目は組み立て、解体のし易さです。子供の成長に伴い、後々不要になるものですので廃棄する際のことも考えて選ぶことが肝心です。3点目は安全面です。高いところに届くものであるので、梯子の取り外しや三段ベッドので打撲しないよう注意が必要です。

三段ベッドの特徴ですが、何と言っても複数人が布団一つのスペースで寝ることができる点です。複数人の兄弟がいれば、それだけ学習机や本棚が必要になります。その中で、布団を敷くスペースを確保できるメリットがあります。中段下段にカーテンを引けば、寝る時間を一緒にする必要がありませんし、三段ベッド自体が部屋のインテリアになります。 三段ベッドを使う利点として、利用した方に共通してある意見が、三段ベッドを使って育った兄弟は仲が良いということです。寝るときを含め、生活環境が密になるため、大人になった後も兄弟や親子の絆が強いままの関係が続くと考えられます。 子どもは三段ベッドに憧れ欲しがりますので、思春期に親子の良い関係が続くようにしましょう。