室内

  

コーディネートの方法

マンションと一戸建て、どちらがインテリアコーディネートしやすいかと言うと、マンションの方がしやすいでしょう。基本的に、マンションの方が窓が少ないです。と言うことは、壁が多いと言うことになるので、家具などが置きやすいのです。つまり、インテリアコーディネートがしやすいと言うことになります。 マンションの方がインテリアコーディネートしやすいと言えど、一戸建てよりも気にしなくてはいけない部分があります。マンションの方が床面積が狭いことがほとんどなので、通路幅をしっかり考えなくてはいけません。狭いと家具と物がぶつかりますし、イライラも募るでしょう。通路幅を確保してから、インテリアコーディネートをすることが基本です。

インテリアコーディネートで一番大切なのは、室内の統一感です。最近は、中古マンションを購入する人が増加しています。内装のリフォームをすることも多いですが、その際は持っている家具と壁や天井の色をある程度合わせるようにしましょう。そうすれば、インテリアコーディネートが格段にしやすくなります。当然、家具と部屋の雰囲気が合わないと言うことにはなりません。 また、塗装のテクニックを身につけておくのもいいと思います。中古マンションの壁を自分で塗る人も多いです。しかし、居住空間はプロに任せたいと言う人もいるでしょう。ならば、自分の持っている家具を壁などに合わせて塗ると言うのもいい方法です。部屋と家具を合わせることが容易になります。